ヒアルロン酸は飲んでも効きますか?サプリメントの効果は?

「ヒアルロン酸」と聞くと、

保湿効果がありお肌に良いイメージがあります。

 

現在スキンケア商品の多くにヒアルロン酸は配合されていて、

とても身近なものになりました。

 

また、ヒアルロン酸は塗るタイプだけでなく

ドリンクやサプリなどの「飲む」タイプもあります。

 

知っているようで知らない飲むタイプ

ヒアルロン酸の効果について今回は解説していきたいと思います。

ヒアルロン酸ってどんな成分?

ヒアルロン酸はムコ多糖類と呼ばれる栄養素の一種で、

ヒトの皮膚や筋肉や軟骨などに含まれている、

私たちの体に元々ある成分です。

 

皮膚では真皮に多く含まれ、

コラーゲンの弾力性を高めています。

 

真皮層はコラーゲンエラスチン

タンパク質の線維が網状に形成されていて、

その間を埋めるようにヒアルロン酸が

水分をたっぷり含んだスポンジのような構造になっています。

 

ヒアルロン酸には非常に高い保水力がありますが、

体内のヒアルロン酸は20歳を過ぎると徐々に減少していきます。

 

30才では65%、50才で45%に減少していきます。

 

体内のヒアルロン酸が減少するとお肌のハリが失われ、

たるみやシワの原因になります。

 

ヒアルロン酸はシワの原因になる、

皮膚内のコラーゲンが紫外線によって分

解されるのを抑制する働きもします。

 

また、中高年以上の人に起こる

関節痛の原因の一つにヒアルロン酸の減少もあるのです。

 

このように美容や健康でいるために

必要不可欠なヒアルロン酸ですが、

体内に摂り入れる方法で1番効果的なのは、

ヒアルロン酸注射です。

 

しかし、注射となると抵抗がある方もいると思います。

 

それにヒアルロン酸注射は、効果は即効性がありますが、

いずれ体内に吸収されて元に戻ってしまうので、

効果を持続させるためには定期的に注射を受けないといけないのです。

ここがポイント!
ヒアルロン酸には非常に高い保水力があります。
関節痛の原因の一つにヒアルロン酸の減少もある。
コラーゲンが紫外線によって分解されるのを抑制する。
1番効果的なのは注射です。

 

飲むヒアルロン酸の効果は?

前述の通り、ヒアルロン酸注射が一番即効性が高い

ヒアルロン酸の摂取方法ですが、

注射を定期的に続けるのに抵抗がある方も多いと思います。

 

ヒアルロン酸を多く含む食品は、

鶏の軟骨、魚の目玉、鶏のトサカ、
豚足、フカヒレ、オクラ、もずくなどです。

 

しかしこれらはヒアルロン酸分子が大きいために吸収率が悪く

加熱されることで成分が壊れる性質から摂取がしづらいのです。

 

そこで、ドリンクタイプのヒアルロン酸や

サプリメントが摂り入れやすい方法です。

 

しかし飲んだヒアルロン酸も

そのまま肌に届くわけではありません。

 

ヒアルロン酸は高分子で、

小さな分子が沢山連なった構造をしています。

 

飲んだヒアルロン酸は腸で分解されて、

腸内細菌により低分子化され、血中に吸収されます。

 

この1部が皮膚に運ばれ、

皮膚のヒアルロン酸合成の材料になることで、

皮膚の状態が改善され水分量が上がると考えられています。

 

最近では最初から吸収されやすいように

分子を小さくして加工したサプリメントも多く販売しています。

 

元々体内の成分であるヒアルロン酸は

アレルギーの心配も少なく安全性が高いと言われていますが、

アレルギーのある人は

原材料をしっかり調べてから摂取しましょう。

ここに注意
分子が大きい場合は吸収されない。
加熱することで成分が壊れる。
アレルギーのある人は原材料をしっかり調べましょう。
分子を小さくして加工したサプリメントでないと吸収されにくい。
アレルギーのある人は原材料をしっかり調べましょう。

 

ヒアルロン酸は飲んでも効きますか?サプリメントの効果は?まとめ

食品から摂取が難しいヒアルロン酸は

最近では体内に吸収されやすいように低分子化され、

工夫されているものが多く販売されています。

 

ヒアルロン酸注射に比べ、

効果は少ないものの、

美肌や健康を目指したい私たちのサポートとして取り入れたいですね!

補足説明
食品から摂取が難しいのが現実ですが、低分子化されたサプリメントでは摂取できるみたいですね。
しかし、注射にと比べると効果は少ないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です