ヒアルロン酸で美肌作り?コラーゲンとはどう違うの?

いつまで若く美しくいるために美肌は大切なポイントですよね。

 

ヒアルロン酸」や「コラーゲン」と聞くと

美肌作りに欠かせないイメージがあると思います。

 

どちらもお肌がぷるぷるになりそうですが、

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

理解している人は少ないのではないでしょうか。

 

理想の美肌に近づくために、

ヒアルロン酸やコラーゲンについて解説していきたいと思います。

ヒアルロン酸で美肌を作るには?

ヒアルロン酸とは人間に元々ある成分です。

 

ヒアルロン酸はアミノ酸と糖でできているムコ多糖類といわれる物質で、

皮膚では真皮に多く含まれ、コラーゲンの弾力性を高めています。

 

ヒアルロン酸が不足すると肌にハリが失われて、

たるみの原因にもなってしまいます。

 

美肌を作るためにヒアルロン酸を取り入れる方法としては、

一般的にヒアルロン酸入り化粧品やドリンク、

またはサプリメントが多く出回っています。

 

しかしこれらのヒアルロン酸入り製品は使用した場合、

そのままヒアルロン酸が肌に届くわけではありません。

 

ヒアルロン酸は分子が大きいため、

最小単位にまで分解されないと吸収されませんが、

最近では最初から吸収されやすいように

分子を小さくして加工したサプリメントも多く販売しています。

 

こうして摂取したヒアルロン酸が、

皮膚のヒアルロン酸合成の原料になることで、

皮膚状態が改善され水分量が上がり、

美肌効果を期待できます。

ここがポイント!
ヒアルロン酸が不足すると肌のたるみの原因になる。
ヒアルロン酸は分子が大きいと吸収されません。

ヒアルロン酸とコラーゲンの違いとは?

コラーゲンはタンパク質の1種で、

皮膚や骨、筋肉などからだを作るのに大切な役割を持つ成分です。

 

ヒアルロン酸同様、

人間の身体の中にもコラーゲンが存在しています。

 

コラーゲンの量は体内の全てのタンパク質のうち約30%に及びます。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの大きな違いは、

ヒアルロン酸がムコ多糖類であるのに対して

コラーゲンはタンパク質だという点です。

 

ムコ多糖類とは、

細胞の周りに水分を蓄える働きをしている粘着性の物質で、

体内の潤いを保ってくれています。

 

一方コラーゲンには保水力はありません。

 

皮膚には9種類のコラーゲンがあり、

その中でもI型、IV型、Ⅶ型の3つのコラーゲンは

皮膚の弾力やハリを保つためにはなくてはならないものです。

 

表皮と真皮の境に存在する膜の付近に、

正しい構造でコラーゲンが存在することにより、

ハリや弾力のある美しい美肌が保てるのです。

 

ヒアルロン酸と同様、コラーゲンも加齢とともに減少していき、

コラーゲンを体内で作る力も衰えていきます。

 

つまり、コラーゲンとヒアルロン酸が支え合って

肌が正常で美しい状態が保てているので、

どちらが少ないと肌の乾燥状態やハリや弾力などが減り、

シワやたるみに繋がってしまうのです。

ここがポイント!
体内の全てのタンパク質のうちコラーゲンは約30%です。
コラーゲンには保水力はありません。
コラーゲンのなかでもI型、IV型、Ⅶ型の3つは皮膚の弾力やハリを保つためにはなくてはならない。

ヒアルロン酸で美肌作り?コラーゲンとはどう違うの?まとめ

お肌の水分を保つヒアルロン酸と、

お肌のハリや弾力を保つコラーゲンは、

美肌作りのためにはどちらも必要です。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンは加齢とともに減少していくため、

ヒアルロン酸入り化粧品やコラーゲン入りドリンクなど

積極的に摂取して美肌を目指していきたいですね!

補足説明
肌にハリと弾力を与えるコラーゲン、みずみずしさで満たすヒアルロン酸は、お互いに必要とする存在で美肌作りには切っても切れない存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です