小池百合子東京都知事、再選の可能性は?今後4年間、都政の「適任者」といえるのか?

現東京都知事の小池百合子氏が再選出馬の意向を示しました。

有力な対抗馬のいない今回、大方の予想では現都知事の再選が有利とされています。

しかし、経歴詐称問題や就任期間でなにも実績を残していない事など
少々キナ臭い空気が漂っています。

果たして、このまま小池氏の圧勝となるのでしょうか?

小池百合子東京都知事、再選の可能性は?

7月5日に迫る東京都知事選。小池百合子都知事の圧倒的優位と見られているが、そこで改めて注目されるのが、小池氏の「選挙公報」に書かれる経歴だ。
引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/f59c2eabe108329bc52befdfdb1ce983748d5bc1

動画はこちら⇩

 

小池百合子東京都知事は、再選を目指し立候補する意向を固めたそうです。

 

ネット上の意見はこちら

ネット上では賛否両論の意見が出ています。

どちらかというと否定的な意見が多いですね。

今後4年間、都政の「適任者」といえるのか?

ネット上では今までの小池都政に否定的な意見が多いようです。

というのも、都知事に就任して以来、
一つの実績も残していないのが要因だといえます。

メディアでのアピールは上手なようですが、実際の実績が空であることは
都民が一番身にしみてわかっているようですね。

しかし、今回の感染症で小池氏が日常的にテレビに露出していることが後押しし、

緊急事態が続けば続くほど、小池氏のメディアアピールは必然的に多くなるわけで、

そんな背景もあり、小池氏の圧勝のムードは盛り上がる事になります。

そのため、有力な対抗馬が立ちにくい雰囲気もあります。

おそらく、今回は小池氏の再選には死角がないのが現状です。

だからといって小池氏が今後4年間の都政を適任者という訳ではありません。

状況によって手のひらをくるくる返しているのは、
いままでの4年間を見れば周知の事実。

おそらく、この先4年間も変わることはなく、
ひたすら自身が目立つことだけに終始するだろうと思われます。

小池百合子東京都知事、再選の可能性は?今後4年間、都政の「適任者」といえるのか?まとめ

今回の都知事選挙は都民にとっては選びようがない選挙となるのでしょう。

完全に消去法になるとやはり小池氏の再選が確実といえそうです。

世間がこんな状況だけに、もっと明るい選挙になって欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です