大雨特別警報とは?全国各地記録的な大雨で河川の氾濫相次ぐ。甚大な災害の数々、これは何かの警告なのか…?

昨日、一昨日と九州の豪雨被害による河川の氾濫の情報が相次ぎました。

そして、今日、長野県と岐阜県に大雨特別警報が発令。

 

ちなみに大雨特別警報とは、いったいどれくらいの警告なのでしょうか?

 

各地の氾濫状況とともに見ていきたいと思います。

大雨特別警報とは?全国各地記録的な大雨で河川の氾濫相次ぐ。

長野県で記録的な大雨 中南部に『大雨特別警報』 犀川、木曽川「氾濫危険水位」超える所も

気象庁は午前6時40分ころ長野県に「大雨特別警報」を発表しました。5段階の警戒レベルのうち最も高いレベル「5」にあたる情報で最大級の警戒が必要です。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/d43e37c2668ebe95be8e19dc16c0f2da3aa75854

動画はこちら⇩

 

全国各地、どこも雨がすごい状態…

ネット上の意見はこちら

 

河川の氾濫って恐ろしいです。

甚大な災害の数々、これは何かの警告なのか…?

 

九州地方で大雨被害が次々に報告されてからまだ一日しか経っていないにも関わらず、

今度は中部地方で大雨による河川の氾濫が…

 

相次いで出される『大雨特別警報』。

 

近年、豪雨被害のレベルが大幅に上がり、それに伴って警報のレベルも上げたのですが、

それが頻繁に出されるというのは、特別警報の安売りではなく、

それだけ甚大な災害が頻繁に起きているということです。

詳しくはこちら:「特別警報」とは?

 

大雨特別警報とは?全国各地記録的な大雨で河川の氾濫相次ぐ。甚大な災害の数々、これは何かの警告なのか…?まとめ

 

水害警戒は全国的に広がりを見せています。

これから関東から東北にかけても要注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です