ワタミ・コロワイドなど大手外食チェーン、大幅赤字。生き残りをかけた戦いとは?

新型コロナウィルス感染症の影響で大幅赤字となり、

ワタミでは65店舗、コロワイドでは「牛角」や「かっぱ寿司」など190店舗あまり

を閉店することになったとのことです。

 

新しい生活様式に変わろうとしている今、

外食産業も生き残りをかけて新たな次元に突入しようとしてます。

大手外食チェーンが揃って大幅赤字。閉店相次ぐ。

居酒屋チェーン大手のワタミは、新型コロナウイルスの感染拡大で休業した店舗のうち、今後も採算が見込めない国内の65店について、営業を再開せずそのまま閉店することを決めました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200527/k10012447241000.html

 

「牛角」や「かっぱ寿司」などを展開する外食チェーン大手のコロワイドは、昨年度の最終的な損益が64億円の赤字になりました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて190店舗余りの閉店を決めたことなどにより、損失が膨らみました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200522/k10012441341000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001

動画はこちら⇩

 

外食産業はやはり今回の感染症で甚大な影響を受けています。

 

ネット上の意見はこちら

残念ながらワタミもコロワイドも大手チェーン過ぎて

数店舗閉鎖したところで、一般的にはそこまで話題にはならないみたいです。

大手外食チェーンの生き残りをかけた戦いとは?

 

緊急事態宣言は明けたけれども、すぐに外食産業が復活する訳ではなく

今後、少しづつ外食産業含むサービス業界への還元がされるかと思われます。

 

ファミレスも深夜営業を中止にしたり、他のグループも営業時間の見直しなど

国民の新しい生活様式に対応するように、

外食産業も生き残りをかけた戦いが始まっています。

詳しくはこちら➡https://www.businessinsider.jp/post-211097

ワタミ・コロワイドなど大手外食チェーン、大幅赤字。生き残りをかけた戦いとは?まとめ

 

外食産業は生き残りをかけて、

デリバリーやテイクアウトに活路を見出しているようです。

 

ただ、デリバリーやテイクアウトなどは付け焼刃に過ぎないと思われます。

やはり、経済回復を待つしかないのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です