連休最終日、大雨警戒のなかどう過ごす?大規模な土砂災害の警告!危険地域と前兆とは…?

今日は連休最終日です。GoToキャンペーンで揺れた4連休、

首都圏ではパッと晴れた日は少なく、しとしとと雨が降り続いていました。

 

幸いなことにそのおかげで、結果的に外出自粛となった方も多いと思います。

 

しかし、この降り続いた雨の影響で、

全国的に大規模な土砂災害の警戒が必要となっています。

 

その危険エリアとはいったいどこなのでしょうか?

 

 

連休最終日、大雨警戒のなかどう過ごす?

梅雨末期の大雨 局地的に「非常に激しい雨」 土砂災害に警戒

きょうも梅雨前線の活動が活発で、九州から東北を中心に局地的に激しい雨が降るでしょう。特に東海では滝のような非常に激しい雨の降る所がありそうです。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e39abeea1314e4fe3b6a0e08e23c92b5674917bc

動画はこちら⇩

 

4連休は雨ばかりでしたね…

ネット上の意見はこちら

 

通常の4連休なら雨ばかりでイライラしてしまうところですが、

今年は外出できないことにホッとしている人も多いでしょう。

 

 

大規模な土砂災害の警告!危険地域と前兆とは…?

 

連休最終日の今日、全国的に雨なのですが、

局地的に大雨に見舞われるとのことです。

 

最近、河川の氾濫を伴う大雨被害が多いため、

ずっと降り続いているこの雨もちょっと不安になります。

 

各地で土砂災害の警戒が必要とのことなので、十分に注意したいところです。

 

 

連休最終日、大雨警戒のなかどう過ごす?大規模な土砂災害の警告!危険地域と前兆とは…?まとめ

 

たとえ都市部であっても河川の氾濫や土砂災害は起こりえます。

 

コロナ禍で緊急避難なんてことは考えるだけでも恐ろしいですが、

自らの備えと対策だけでも確実にしておきたいですね。

 

トレンドニュース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です