自粛警察が怖くて検査いかない人多数。地方に根付く同調圧力の恐怖とは…?

感染症増加に伴い、どうしても自粛傾向になります。

その中でますます勢いを増しているのは「自粛警察」。

 

緊急事態宣言時にもそうでしたが、

世の中を正していこうと、要請を無視する人たちの行動を監視し注意していくといったもの。

 

ただ、振りかざしたその『正義』、本当に正しいのでしょうか?

 

 

自粛警察が怖くて検査いかない人多数。

コロナ感染者増で「自粛警察」がまた跋扈

コロナ感染者は増加の一途を辿り、「同調圧力」と「自粛警察」がまたぞろ跋扈するのは時間の問題だ。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/8735c6b993acddeb0fdce1e1406ea01c154892c2

動画はこちら⇩

 

本当の『正義』って何なのでしょう…?

ネット上の意見はこちら

 

都市部より地方へ行くほど、自粛警察の圧が強そうな傾向です。

 

 

地方に根付く同調圧力の恐怖とは…?

 

先日、岩手県で初の感染者が出ました。

 

これは本当に『初』なのでしょうか?

 

上でも言っていましたが「初感染【確認】者」であって、

きっと検査していないだけで、感染していたであろう人たちはいたと思われます。

 

やはり、陽性になったときの周囲の目が怖くて、

検査を受けられない人が数多くいるようです。

 

同調圧力というのは、地方へ行けば行くほど強く陰湿なものになっていくのでしょう。

 

 

自粛警察が怖くて検査いかない人多数。地方に根付く同調圧力の恐怖とは…?まとめ

 

自粛警察や同調圧力によって、

国民が間違った感情に統率が取られていき、

国全体のバランスも方向性も失った結果、

やがて制御不能に陥ってしまうのではないでしょうか?

 

解決策は『自分で考え、行動する』事なのでしょうね。

 

トレンドニュース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です