台風10号の進路が対立化。日本「もっと西より…」韓国「もっと東より…」果たして?

大型の台風10号が九州に接近中です。

 

 

普段ならこのまま日本列島に沿って

北東にカーブを描くのですが、

今回はまっすぐストレートの軌道を描いています。

 

 

時期的なものなのでしょうが、

こういった軌道ってあまり見たことありませんね。

 

 

その分、被害も大きくなるのでしょうか?

 

 

台風10号の進路が対立化。

台風10号

大型で非常に強い台風10号は、6日午後9時現在、枕崎市の西南西約90キロにあって、時速35キロで北北西に進んでいます。

引用元:https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

動画はこちら⇩

 

あまり見ない軌道ですね…

ネット上の意見はこちら

 

風が相当強い模様です。

これから深夜にかけてさらに注意が必要となるでしょう。

 

 

日本「もっと西より…」韓国「もっと東より…」果たして?

 

大型で非常に強い台風だから、来て欲しくないのはどこも同じ。

 

進路予報をみると、

日本は九州をかすめ、朝鮮半島上陸といっており、

韓国は、九州上陸したのち日本海に抜けるといっております。

 

 

どちらが正しかったのかは今後わかることで、

問題はそう言った議論をしている場合ではないということ。

 

 

進路にあたるであろう地域に対して、甚大な被害が出ないことを願っています。

 

 

台風10号の進路が対立化。日本「もっと西より…」韓国「もっと東より…」果たして?まとめ

 

関西地方はじめ東海地方や首都圏は、

台風が直撃しないからといって危機感が薄いようですが、

暴風や大雨は進路にあたらない地域であっても、注意は必要です。

 

トレンドニュース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です