プロ野球開幕決定!明るい話題の裏に大人の事情と消えた甲子園の夢

プロ野球の開幕が6月19日に決まったようです。

緊急事態宣言以降、どんよりとした空気の中で久しぶりに出た明るい話題。

しかし、開幕からしばらくは無観客での試合、オールスター戦は中止。

日本シリーズは11月21日とか、日程だけではなく様々なしわ寄せはありそうです。

 

プロ野球6月19日の開幕を正式決定!明るい話題から

プロ野球は25日、12球団の代表者による会議で、新型コロナウイルスの影響で延期していた今シーズンの開幕日を、来月19日とすることを決めました。当面は観客を入れずに試合を行い、レギュラーシーズン120試合の実施を目指します。

プロ野球12球団の代表者はオンラインで会議を開き、緊急事態宣言が首都圏の1都3県と北海道で解除される見通しになったことを受けて、当初予定していた3月20日からおよそ3か月遅れとなる来月19日を開幕日とすることを決めました。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200525/k10012444091000.html

動画ではこちら⇩

ネット上の歓喜の様子はこちら

緊急事態宣言解除後すぐに開幕宣言。甲子園は中止したのに…

国民的スポーツであるプロ野球の開幕宣言は

まさに、待ちに待ったというべきであろうか。

 

歓喜あふれる声が圧倒的な中で、

少数派ですが、大掛かりなイベント事に対しての懸念を呈する声もあります。

 

スケジュールも大幅変更し、晩秋までずれ込み、

交流戦やオールスター戦などの祭典的な試合もなし。

 

開幕から当面は無観客試合で、どうしても無理矢理な感は否めません。

 

ちなみに、無観客試合では1試合あたり1、2億円の赤字になるそうですね。

試合をすることがお金儲けできる訳ではないので、

球団経営の問題はまだ山積みのようです。

 

また、高校球児の夢である甲子園が早々と中止になったことを

残念に思う声も少なくありません。

 

プロ野球がここまで大幅な日程変更をするのであれば、

高校野球の夏の大会も同じようにスケジュールを

変更できたのではないかとも思うのですが…

プロ野球開幕決定!明るい話題の裏に大人の事情と消えた甲子園の夢。まとめ

やはり、甲子園は日本の夏の風物詩。

高校球児の熱いドラマを見たい人は多いようです。

 

今からでも何とか実現できないものでしょうか?

 

このあたりが、経営しなければいけない『プロ』

万が一の責任を取りたくない『アマチュア』を取り巻く

大人の事情の差なのでしょうね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です