韓国経済が崩壊中?GSOMIA破棄もWTO提訴も日本企業資産現金化も全て逆効果?

韓国経済が大ピンチらしいです。

思えば昨年の輸出管理から韓国企業の業績悪化は始まり、
日本不買運動で自分で自分の首を絞め、新型コロナ感染症で追い打ち。

後は日本が全てに無視を貫けば、そのまま崩壊の一途を辿りそうです…

韓国経済が崩壊中?

文在寅の大誤算…日本からの「報復ブーメラン」で韓国経済は大ピンチへ!

韓国・大邱地裁浦項支部は6月1日、韓国にある日本製鉄の資産差し押さえの公示通達を決定した。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/ed3c2562f2dc194daf83a4b3d98b3b4758ae183f

動画はこちら⇩

 

現在、日韓関係は冷え切っています…

ネット上の意見はこちら

 

最後の切り札、反日扇動のカードをそろそろ出すのでしょうか?

GSOMIA破棄もWTO提訴も日本企業資産現金化も全て逆効果?

韓国が日本の輸出管理に対する報復措置として手にしているのは
「GSOMIA破棄」「WTO提訴」そして「日本企業の差し押さえ資産の現金化」だけです。

WTO提訴といっても、そもそも、輸出管理は管理なのであって規制ではないから、
それをどうこう言う韓国が間違っているのは、すでに世界中で了承済みです。

GSOMIA破棄もそう。
これは日韓だけの問題ではなく、アメリカも含めた案件であって、
韓国が独断で破棄することは不可能。アメリカが黙っていません。

差し押さえ資産を現金化すると、日本は報復すると言い放っていますので、
韓国に特大のブーメランが飛び込んでくることは間違いでしょう。

もはや、手詰まり感しかない韓国。なぜ、素直に謝ることが出来ないのでしょうかね?

韓国経済が崩壊中?GSOMIA破棄もWTO提訴も日本企業資産現金化も全て逆効果?まとめ

残されたカードは、過去歴代大統領の常套手段で使った「反日扇動」。

しかしこれは国内向けであって、国外向けではなく、
またいまの経済が疲弊した状況では「NO JAPAN」の時みたいに、
さらに消費の悪化と外国企業離れを加速することになります。

まさに悪手。

でも、それを強行してしまうのが韓国大統領なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です