学校のコロナ対策が何か変じゃない?教育現場で何が起こっている?小学生がかわいそう…?

6月に入って試験的ですが、全国の学校が始まったようです。

市なのか、県なのか、学校ごとなのか、それぞれコロナ対策をしているようですが、
「なんか変じゃない?」ってのがたまにあったりして、思わず二度見してしまいます。

それを良しとしている大人たちって、いったい…?

学校のコロナ対策が何か変じゃない?

机を囲む卓上シールド 透明なフィルムの中で給食 フェースシールドに比べ息苦しさ減

高さ40センチほどの透明なフィルムに囲われた机で給食を食べる子どもたち。三重県亀山市では、新型コロナウイルスの飛沫感染防止のため、通常授業が再開された6月1日から独自の卓上シールドを学校生活に取り入れ、市内14校の小中学校で活用しています。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/e519451b1a0f0b46c9221c0deb62310228712594

動画はこちら⇩

 

いや、別にいいんだけど、思っていたのとちょっと違う…?

ネット上の意見はこちら

 

小学校の問題ってわりかしデリケートですので、
全員が納得できることはないのですが…

教育現場で何が起こっている?小学生がかわいそう…?

あまりにも大人の意見だけだと、教育とはかけ離れた方向に行ってしまいますし、
過保護にもなってしまいそうですね。

かと言って子供の意見を尊重しすぎると、クラスターは免れないですし…。

でも、このまま子供同士を近付けないスタイルを保ちすぎると、
共同生活を教育させるという、学校の意味がなくなってしまいます。

しかし、この画像を見て、大人たちは異様だと思わないのでしょうか…?

参照➡給食時に飛沫防止シールド 「友達と話しながら食べたかったけど我慢します」

学校のコロナ対策が何か変じゃない?教育現場で何が起こっている?小学生がかわいそう…?まとめ

やっぱり異様な光景に見えます。

子供たちはここまで我慢しているのに、高齢者は「楽しみを奪うな!」と好き勝手する始末。

今の子供たちって、なんだか色々かわいそうですね。
みんなが子供たちのことを考えてあげて欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です