ジャニーズ手越裕也の退所理由が浅薄。コロナ後に芸能界勢力図が大きく変化か?

ジャニーズ事務所所属の手越祐也が退所の意向を固めたとのこと。

いままで数多くのスキャンダルを流し、傍若無人に振る舞ってきましたが

バックにいる大手事務所に庇護され、大きな処分まで至りませんでした。

今回の退所劇には大手事務所の求心力の低下が浮き彫りになりそうですね。

ジャニーズ事務所の手越祐也が退所の意向を。

NEWSの手越祐也(32)がジャニーズ事務所を退所する意向を固めたことが26日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に何度も外出。期間限定ユニット「Twenty★Twenty(通称トニトニ)」のメンバーから外され、さらに無期限の活動休止という新たな処分がこの日、発表された。一連の処分に反発した手越が、独立を決断した形だ。
引用元:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/27/kiji/20200526s00041000494000c.html

動画はこちら⇩

ネット上の意見はこちら

コロナ後に芸能界の勢力図が大幅に変わると予想

 

一見、ただのヤンチャな芸能人が事務所を退所するといった話題なのですが、

昨今の動向で、ジャニーズ事務所の求心力が低下しているのが見えます。

 

また、新型コロナ感染症の影響で、ロケやイベント等の自粛があり、

芸能関連の仕事は大幅に激減している背景もあります。

 

自粛解除後に回復に向かうことは予想されていますが、

それでもV字回復とまではいかず、タレントを多く抱える大手事務所であるほど

経営の面でひっ迫してくるのは当然だと言えます。

 

テレビからYouTubeやSNS等、情報発信の中心がネットに移行していることもあり、

タレント自身の収入減が減少傾向にあります。

 

ジャニーズ手越裕也の退所理由が浅薄。コロナ後に芸能界勢力図が大きく変化か?まとめ


上記のように、名のあるタレントたちが次々辞めているのは事実です。

 

新型コロナ感染症の影響で、タレントたちの収入が0に近い状態が続けば

大手事務所からタレントの大量放出も考えられ、

今後の芸能界の勢力図は大きく変わるのでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です