GO TOキャンペーンの利点と欠点?経済回復の起爆剤になるのか?

世間をにぎわす「GO TOキャンペーン」とは観光庁が

国内旅行を積極的に推奨する政策で、7月下旬から実施を予定しています。

 

ただ、まだワクチンも出来上がっていない状態で、

ちょっと早いのでは?との声も多数あるのも事実。

 

その内容と、メリットやデメリットを検証します。

GO TOキャンペーンの内容。その利点と欠点とは?

政府は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けている観光業や飲食業向けの需要喚起策について、7月下旬から実施する方針を固めた。国内旅行の代金の補助や飲食店で使えるクーポン券などに計約1・7兆円の予算を確保しており、業績の回復につなげる。

引用元:https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200525-OYT1T50077/

動画はこちら⇩

ネット上の意見はこちら

経済回復の起爆剤になるのか?

緊急事態宣言明けてすぐの、このような状況で

GO TOキャンペーン」といっても批判ばかりを買っているようで

ネット上での意見を見る上では欠点しか見られない愚策のような気がします。

 

しかし、実際壊滅的な打撃を受けている観光産業に携わる

旅館業や旅行業者、飲食業者などからしてみれば、

ちょっとでも収入になるのなら利点であると言えるでしょう。

 

大規模な外出自粛でストレスが溜まっている人にとっても

ストレス解消になるかもしれません。

GO TOキャンペーンの利点と欠点?経済回復の起爆剤になるのか?まとめ


やはり避難殺到していますが、国民の生命と財産を守るために

生命と経済のバランスをとった結果の政策である

というようにも考えられるのではないでしょうか?

 

もっとも、これは少々強引な意見かも知れませんが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です