低糖質ダイエットは本当に痩せる?食べていい食品って何?

低糖質ダイエットをすると、痩せやすいらしいです。

糖質といえばお米パンパスタ果物お菓子に代表されますよね。

 

糖質を控えるとどうして痩せるのでしょうか。

また、本当に痩せる効果は期待できるでしょうか。

低糖質ダイエットは本当に痩せる?

 

糖質は炭水化物のことです。

 

要するに、炭水化物の多い食品をたくさん食べていると太りやすく、

控えれば痩せやすいというのです。

 

それはなぜか?

 

糖質がたっぷりなものを食べると、血糖値が急激に高まります。

この時、血糖値を安定に保つためのインスリンが使われます。

 

このインスリンが重要です!

 

というのも、体内で消費されずに残っていた糖質を、脂肪に変えてしまうのです!

 

そのせいで脂肪が増えたら、太るもとですよね…。

 

だから血糖値を一定に保とうとしてインスリンが分泌されるのは、

あまりよろしくないこと。

 

インスリンの分泌を抑制するためにも、低糖質が求められるのです。

 

ここがポイント!
糖質は血糖値を上げる→インスリンが分泌される→余分な糖が脂肪に転換→太る
糖質をとり過ぎなければインスリンの分泌が抑えられます。
糖質が脂肪に変わりにくく、痩せ体質になれるでしょう。

食べていい食品って?

 

低糖質ダイエットをしている時は、糖質に気を付けたいですよね。

糖質高いもの低いものを知っておくといいでしょう。

 

低糖質ダイエットに向いている食品は、主にたんぱく質です!

  •  肉
  •  魚
  •  大豆製品
  •  卵
  •  芋
  •  海草
  •  きのこ
  •  バター
  •  チーズ
  •  野菜
  •  ナッツ

 

 

上記のものは炭水化物(糖)が少なめなので、

低糖質ダイエットに取り入れてもいいでしょう。

 

 

反対に、食べないほうがいい食品は下記となります。

  •  スナック菓子
  •  麺類
  •  ごはん
  •  パン
  •  ドライフルーツ
  •  野菜ジュース
  •  ジュース
  •  小麦粉を加工してできたもの

 

 

野菜ジュースは一見ヘルシーでダイエット向きな気がしますが、

糖質が意外に多いのです。

だからおすすめしません。

 

ここがポイント!
低糖質ダイエットをする時は、タンパク質をいっぱいとりましょう!
豆類など、炭水化物がメインというわけではありません
糖質を控える代わりに、ぜひ率先して食べてくださいね。

低糖質ダイエットは本当に痩せる?食べていい食品って?まとめ

 

低糖質ダイエットをすることで、

糖を脂肪の変えるインスリンの働きが抑制され、痩せやすくなります。

 

食べていい食品は、豆や肉、魚、卵、きのこ類などタンパク質食物繊維などです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です