犬の健康管理士が教える、犬の風邪のサインとは?犬の風邪の治療と予防方法は?

犬も人間と同様に、風邪をひくって知っていましたか?

では、犬の風邪とはどんな病気なのでしょうか?

 

実は人も犬も、「風邪」というのは病名ではなく、

ウィルスや細菌によって引き起こされる感染症による様々な症状のことを「風邪」と呼んでいます。

 

犬は言葉が話せない上に、体調不良を本能的に隠すために重症化するまで気づけないことも。

 

今回は犬の風邪について、初期症状や対処法なども含めて詳しく解説していきます。

犬の健康管理士が教える、犬の風邪のサインとは?

犬の風邪の症状も、人の風邪と同じように個人差があります。
人間の場合は、

  •  のど風邪
  •  鼻風邪
  •  熱風邪
  •  お腹の風邪

 

などがあげられますが、犬も風邪をひくと似たような症状がみられます。

 

まずは「咳」、人間の場合はちょっと耳鼻科にかかれば治ってしまう咳ですが

犬の場合、心臓や呼吸器官に深刻な病気を抱えている場合もあるので、要注意です。

 

続いて、「鼻水・くしゃみ」「発熱」

鼻水やくしゃみは寒暖差やホコリなどで出る場合もあります。

普段からよく観察して、鼻水の色や頻度をチェックしておくことが大切です。

 

また、犬の平熱は39.5度ぐらいまで。

 

高熱が出ると一気に体調が悪化する場合もあるので

愛犬の平熱を把握して、

急激な体温変化に気づけるようにしておく必要があります。

 

下痢嘔吐も、一過性のものであれば問題ことが多いですが、

誤飲などの場合は緊急の処置が必要ですから、

排泄物をよく観察してみましょう。

 

他にもだるそうにしたり、食欲の低下が見られる場合もあります。

 

好物を見せてもはしゃがない時などは体調不良の可能性が高いでしょう。

 

いずれにせよ自宅では判断が難しい場合もありますので、

どんな変化でも心配なことがあれば獣医師に相談するのをお勧めします。

ここがポイント!
子犬や老犬は風邪も危険な場合がありますが、風邪のような症状の裏に、
もっと深刻な病気が隠れている場合もあるので「たかが風邪」と思わないように!

犬の風邪の治療と予防方法は?

では、犬が風邪を引いてしまったらどうすればよいのでしょうか?

 

発熱がある場合には、病院に行き、

点滴治療に加えて解熱剤や抗生物質を使った治療をします。

 

鼻水や咳の場合も、風邪であれば

投薬を中心とした治療になるでしょう。

 

自宅で体を休ませてあげられる環境を整えてあげることが重要です。

 

部屋を快適な温度に保ち、体を濡らしたり、

冷やさないように注意してあげること、

 

嗜好性重視で消化の悪いおやつは控え、

栄養がありお腹に優しい食べ物を与えて体力をつけさせてあげましょう。

 

また、犬が風邪をひかないようにする方法は、基本的には人と一緒です。

 

バランスのとれた栄養を摂り、適度な運動休息をとり、

寒すぎたり暑すぎたりしないように温度や湿度を適切に保ち、

寝床などを清潔に保つことです。

 

そして、定期的ワクチンをしっかり打ち、

防げる病気は事前にブロックしましょう。

 

犬の年齢や種類、体質によって、

かかりやすい病気や出やすい症状も違います。

 

定期的に健康診断に行き、獣医さんに

チェックポイントを聞いておくのも

飼い主さんの役目の一つと言えるでしょう。

ここがポイント!
風邪などの感染症は、飼い主さんのケア次第で、防ぐことができたり、
軽症で済むことの多い病気です。
健康管理をしっかりして、病気のサインに早めに気づいてあげましょう。

犬の健康管理士が教える、犬の風邪のサインとは?犬の風邪の治療と予防方法は?まとめ

風邪の症状がある場合、自宅で様子を見るべきか、病院に行くべきか

素人ではなかなか判断できず、迷ってしまいますよね。

 

ですが、症状に関係なく、犬が辛そうにしているとき

既に赤信号だと思った方がいいでしょう。

 

犬は少しくらいの体調不良は隠そうとしますから、

飼い主さんからみて犬が辛そうにしているときは症状が重い可能性が高いのです。

 

風邪ではない深刻な病気の場合や、

風邪でも悪化すると長引くこともありますので

不安なときは迷わず獣医師に相談しましょう。

補足説明
犬の治療費は高額になりがちですし、病院を嫌がる犬も多いですから、
ついつい躊躇してしまいがちですが
些細なことでも相談できるかかりつけ医がいると、心強い味方となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です